記者会見パネルについて

記者会見を行う時に、会見者の後方にパネルが、置かれていることがあります。この記者会見パネルには、企業やスポンサーのロゴや社名、商品名などが、掲載されています。取材に訪れたTV局のカメラによって映され、記者会見の内容と共に、お茶の間に届けられます。そうすることによって、記者会見を見ている多くの視聴者が見ることになります。話題性のある記者会見であれば、それだけニュースで取り上げられ、視聴者の目に止まる可能性も、高くなります。これらの観点から、記者会見パネルに名前を載せることは、効果を期待することができる、広報活動でもあります。また、媒体が、TVであることも大きいです。一定の地域だけではなく、日本全国に対しての広報活動を、行うことができるからです。よほどの話題性であれば、日本だけではなく、海外のメディアに、取り上げられることになります。

記者会見パネルの仕組み

記者会見パネルとは、スポーツにおける試合前後によるインタビューや、映画やドラマや商品などによる新作発表会などにおいては、記者会見の場において広告効果について期待していく意味で、対象者がスポンサー企業によるロゴが入っている帽子や衣装(これには関してはモータースポーツ界において、特に顕著となっています。)を身に付けている状態によって取材の席に臨んでいくことがあります。そして、これを拡大していく形によって、どのような撮影構図になったとしても広告が写り込んでいくことを追求していく中で発生しているのが、現在のようなインタビューボードによる姿となっています。また、日本においては、従来における記者会見の場に関しての定番であった金屏風の代わりに用いられている例もあります。なお、政党や省庁、地方公共団体といわれる公共性が強い団体の取材の場においても、近年の日本においては背景としてインタビューボードを設置している例が多くなっています。

記者会見パネルを依頼しよう

記者会見をテレビで観る時に、後ろにボードが飾られている場所でインタビューなどをされている場面を目にする事が多いでしょう。このボードの事を記者会見パネル、バックデザインパネルなどと呼びます。記者会見の場面を利用して、企業のロゴや新製品の宣伝などを行うことが出来ます。メディアを通して宣伝する事で予想以上な反響を生む事もあり、多くの企業が利用する宣伝活動の一つです。記者会見パネルを利用したい場合、専用の業者に依頼するのが一般的となっています。屋内用、屋外用、サイズ、タイプ、パターン配置などを考えていきます。業者に依頼する際は、まずモデルとなっているパネルを参考にしておきましょう。これまでどの様な物を製作してきたのか、評価や実績も同時に下調べしておきましょう。また、業者によってセット内容が異なるので、初めて利用される場合はお得なセット内容で依頼できるよう多くのプランを見比べておくと良いでしょう。